歯のトラブルを解消して快適食事|デンタルケアの達人

歯医者

歯に負担を掛けない

インプラントを用いた歯の治療にはいくつかの長所があります。

女性

むし歯などで歯を抜いた後に歯の機能と外観を回復するため選ばれる方法には、従来の義歯を作る、歯科用ブリッジをつける、人工の歯根である歯科インプラントを土台にした義歯を用いるの三つがあります。どれを選ぶかは、交換する歯の位置、その部位の顎の骨の状態、患者さんの健康状態などによって異なります。インプラントは単一でも複数の歯でも使用でき、いくつかの長所があります。それらの一つは、材料に異物として認識されにくいチタンが用いられるので、近くの歯に影響を及ぼしません。顎の骨に埋め込むため骨のさらなる損失を防ぎ、安定性が高く患者さんの外観を長期に保てます。またフィット感が良く耐久性もあるので、会話がスムースにでき咀嚼も容易で口腔内の衛生を長く維持できます。

手術には良い健康状態とアフタケアが必要です。

歯科インプラントの治療を受けるためには、抜歯などの口腔手術をおこなえる健康状態にあることが必要です。またインプラントを保持するための健全な顎の骨と歯肉を持っていることが必須です。手術では口腔外科の専門医がX線写真やコンピューター断層検査によって、インプラントが正しく設置できるか検討します。そしてふつう局所麻酔を使って手術の場所を麻痺させ、外科的処置によりインプラントがあごの骨に埋め込まれます。一定期間正しく骨と融合しているか観察された後に、義歯をのせたアバットメントと呼ばれる固定器具がインプラントに取り付けられます。手術後はインプラント周囲炎と呼ばれる感染症などがおこるのを防ぐために、歯磨きの励行と定期的な歯科診察を受けるなど適切なアフタケアが必要です。なおこの治療は健康保険が適用されない自由診療でおこなわれます。